出産が楽しみになる?産院のサービス内容とは?

お姫様気分が味わえる?豪華サービスを提供する産院

栄養バランス・見た目・味が揃った食事プラン

妊娠から出産まで約10ヶ月ですが、その際に妊婦の身体は目まぐるしく変わっていきます。着床してから妊娠が始まりますが1ヶ月目は自覚症状も無く気づく方はほとんどいません。月経の遅れで気づくのが2~3ヶ月目でそのタイミングで産院の妊娠検査を受けて発覚します。この時に黄体ホルモンやエストロゲンが活発になりつわりや全身倦怠感など、妊娠初期の症状が出る事もあります。
4ヶ月を過ぎるとお腹が少しずつふっくらしてきて自治体に妊娠届出を提出すると母子健康手帳が交付されます。ここから4週間に1度のペースで健康検診が始まります。5ヶ月に入ると安定期と呼ばれ、つわりなどの症状もおさまって軽い運動をしながら体重管理に努めます。6ヶ月ごろから胎動を感じる方が多く、お腹がどんどん大きくなっていきます。このタイミングで両親学級に参加して子育てのハウツーを学びます。
7ヶ月に入ると健康検診の数が2週に1度に増えて、お腹の張りだったり食欲が無くなったりします。8~9ヶ月になるとお腹のふくらみがピークになり妊娠線がはっきりします。子宮が大きくなる事で胸焼けや息切れ、胃のむかつきが生じたり、妊娠高血圧を発祥する確立がアップしたりする時期なので塩分を控え太り過ぎない様に注意します。
10ヶ月になると臨月になり健康検診が週1になり、いつでも陣痛が始まっていい様に準備します。おしるしが始まったら陣痛が近いので10分間隔で起こるようになったら子宮口が開き出産となります。産後の母体は体力が落ちているので産院側で多くのサポートをしてくれます。その内容を公開しています。

TOPへ戻る